トップページ > ダイヤ鑑定について

ダイヤ鑑定について|ダイヤモンド買取専門『買取の窓口』

鑑定書とは

ダイヤモンドの購入時には鑑定書が付いているものがほとんどです。ダイヤモンドの鑑定書は、ダイヤモンドの特性を評価基準である4C(カラット、クラリティ、カラー、カット)や蛍光性などを一定の基準に基づいて鑑定機関が評価し鑑定書(グレーディングレポート)を発行します。この鑑定書の評価をもとにダイヤモンドの価値が決まりますので、査定の際には重要な要素となっています。

鑑別書とは

鑑別書とはダイヤモンドに限らず、宝石類すべてが対象です。その宝石の種類や、その宝石が天然石か人工石かなどを分析した結果を示しています。鑑別書は主に色石(カラーストーン)などの宝石類に付属しています。ダイヤモンドの鑑定書のように石自体の特性や特徴などを評価するものではないため、ダイヤモンドの鑑別書は価値を証明するものにはなりません。

全国対応!宅配買取キット申込

鑑定機関について

ダイヤモンドの鑑定書を発行する鑑定機関は様々なものがありますが日本国内において信頼のおけるものは主に3大鑑定機関といわれている「中央宝石研究所(CGL)」 「全国宝石学協会(GAAJ)」 「AGTジェム・ラボラトリー」の3社が信頼できる鑑定機関と言われています。
また、日本では宝石鑑別団体協議会という団体がありこの団体に加盟している鑑定機関は、定められた同一の基準の元で鑑定を行っており、この団体に加盟している鑑定機関の発行する鑑定書も信頼されています。

Copyright © 買取の窓口 All rights reserved.